外壁塗装を専門業者に頼むときの注意点を分かりやすく解説!

必要性は高い

刷毛

外壁塗装の必要性について

新築から10年ほど経つと、住宅の外観に傷みが見えてくる頃です。 さほど大きな傷みがない住宅も多いでしょうが、それでも外壁に小さなヒビや剥がれがあったり、日当たりの悪い裏手の外壁には黒カビや苔が生えていたり、また触ってみると手に白い粉がつくといったことはよく見られます。 実は、これは全て外壁塗装の劣化を表しています。 外壁塗装は、住宅の美観を整えるだけではなく、雨風や汚れた大気、紫外線等から家そのものを守る働きがあるのです。 つまり、こうした劣化を放置していると、外壁塗装が本来持っている耐水性や断熱性を失い、家の柱や床といった構造部にまで水や熱が伝わり腐食してしまう事態に陥る可能性が高くなるのです。 新築時の外壁塗装は、およそ7年から10年ほどで効果を失うと言われています。 この時期が近づいたなら注意が必要です。

使用される塗料の選び方

外壁塗装に使用される塗料は、アクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂の4種類が主なものです。 このうち、現在一般住宅ではアクリル樹脂とフッ素樹脂の塗料はあまり使われておらず、ウレタン樹脂とシリコン樹脂に集中しています。 ウレタン樹脂は、最も一般的な塗料として使用されています。 耐水性に優れ、また木材との相性も良いことから、長く高い人気を誇っています。 ウレタン樹脂塗料の耐久年数は、約7年から10年です。 一方、シリコン樹脂は光沢があり塗装表面が堅いことで知られています。 こうした性質から剥がれやヒビに強く、防水性・防汚性にも優れていることが特徴です。 ウレタン樹脂に比べてシリコン樹脂は耐久性が高く、10年から13年ほどもつとされています。 こうしたもちの良さもあって、ここ最近人気が急上昇中です。 なお、金額は耐用年数の長いシリコン樹脂の方がやや高価となりますので、こうしたことも踏まえて選ぶと良いでしょう。