外壁塗装を専門業者に頼むときの注意点を分かりやすく解説!

大切な塗装

作業員

屋根塗装って必用なの?

屋根は住宅の中でも雨風や日光による劣化が進行しやすいところです。昔の家屋では、耐久性にすぐれた日本瓦が使われていることが多かったのですが、最近は地震対策なども考慮して、日本瓦が使用されている家屋は少なくなり、カラーベスト、コロニアルなどと呼ばれるスレート系平板瓦などが使用されていることが多いです。日本瓦に比べて軽いのがメリットの平板瓦ですが、家を新築して10年ほどすると塗装工事が必要になります。そこで行うのが屋根塗装です。屋根塗装の塗料にはウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素などの種類があり、価格が高い物ほど耐用年数が長くなる傾向にあります。屋根塗装は足場を組んで行うことが多いため、外壁塗装と一緒に行うと割安になるケースが多いです。

塗装工事の種類と業者選び

最近は、遮熱塗料、断熱塗料を使った屋根塗装工事も増えています。このような塗料を使うことによって、室内の温度上昇を抑え、エアコンなどの光熱費を削減することができます。しかし、住宅の造りによって効果が大きい場合と小さい場合があるので、よく検討することが必要です。また、屋根の工事と同時に太陽光発電システムを設置するケースもあります。 住宅の屋根は、ふだん見えない部分だけに、工事を行う際は慎重に業者を選ばなければいけません。屋根塗装の一括見積ができるインターネットサイトもあります。屋根塗装の業者を選ぶ際は、何社かに見積もりを出してもらって、じっくり比較してみるといいでしょう。塗装や高圧洗浄の際にご近所にきちんと配慮してくれる業者かどうかも確認しましょう。